喰堂について

美味しい食と酒が繋ぐご縁処

KURAUDOU

CONCEPT

コンセプト

一杯のラーメンに希望をのせて商売人として成功したい!

そんな想いから、29歳の時、私の飲食人生がスタートしました。
しかしながら、当時のラーメン店は多くのお客さまがお一人で来店され、
漫画本や新聞を片手に、ただただお腹を満たすためだけに食事をされている。
そんなお客さまの姿に、次第に価値観の違いを覚え始めました。

私が一生を賭けやりたい仕事はこれではない。
お腹を満たすだけではない。お客さんの心をも満たす商売がやりたい。
店内が笑顔と笑い声で溢れ、人と人との絆や縁が繋がるそんな空間を創りたい!
そんな想いから生まれたのが「楽菜ダイニング “喰堂”」です。

これまでも、これからも、居酒屋人生

以降、有限会社SUIコーポレーションとしても、色々なことに挑戦して参りました。
隣町での居酒屋開業、大好きな二人の先輩と共同で立ち上げた食堂。懲りずに再チャレンジのラーメン店、カフェにイタリアン、中華に和食・・・。
気づけば、あれから17年もの歳月が過ぎ、私自身、随分と白髪頭になってしまった今、やっぱり思うのです。
居酒屋がいいなあ。
老いも若きも、男も女も、偉い人もそうでない人も、金持ちも貧乏人も・・・。
どんな人でも、ここに来ればみな同じ。
旨いものと旨い酒。そこに仲間が揃えば、いつも談笑の華が咲く。
私は居酒屋を単なる飲食店だとは考えていません。
食べること、呑むこと、楽しむことで、特別なつながりを生み出す。それが居酒屋です。

笑顔溢れる楽しい空間と、
人と人との繋がりを生む場所

専門店ではないから型にはまらない。
和食も洋食も中華料理も、居酒屋のフィルターに通せば、居酒屋テイストの多国籍料理の出来上がり。
それに合わせてビール・日本酒・焼酎・ワインにハイボール。うんちく抜きで好きなスタイルで楽しめばよい。
私たちが、提供しているのは美味しい酒と料理。
でも、その酒と料理を通じて、日々私たちがつくっているのは、笑顔溢れる楽しい空間と、人と人との繋がりを生む場所なのです。
私の挑戦した多くの店は無くなってしまったけれども、その時得た技術や知識、これまで出会った大切な仲間というかけがえのない財産がある。
居酒屋だけれども、本格的な和洋中の料理が楽しめる。
「美味しいものと美味しい酒」
誰かと楽しめばその距離はもっと近くなる。私が目指すもの、それは「酒縁社会」です。

Expert at cooking

喰堂の料理人

KANEYUKI

cook01

マネージャー/中華料理歴30年

SUGINO

cook02

料理長 / 洋食・居酒屋料理歴20年

TORIKAI

cook03

副料理長 / 居酒屋料理歴15年

MIURA

cook04

副料理長 / 和食料理歴15年

SUGAWARA

cook05

 居酒屋料理歴

TANOUE

cook06

居酒屋料理歴

1999年7月〜2002年9月  / ラーメン店開業・廃業

2002年12月    /「楽菜ダイニング “喰堂”」開業

2005年9月   / 大正町「さんげん堂」開業

2005年11月    /「荒尾食堂」を共同経営にて開業

2006年3月       /  有限会社SUIコーポレーション設立

2006年11月 /「楽菜ダイニング “喰堂”」リニューアルオープン・新店「SUIカフェ」開業

2007年7月〜2008年3月     / ラーメン「味楽堂」開業 ・廃業

2008年9月     /  中華料理「虎と龍」開業(現在中華料理奈乃琳)

2011年3月       / 「虎と龍」現在地にリニューアルオープン